大阪のお墓屋としてお客様に支えられ成長出来た3代目として感謝の想いを伝える

サイトマップ

大阪のお墓を心を込めて綺麗にする佐々田石材店様
残された親族が繁栄するお墓

大阪でお墓を建て続け3代続く佐々田石材店代表の想い

父が他界したのは私が19歳の時でした。
父が亡くなった直後は、まだ私が未成年だった為、母が
代表を務め、26歳で3代目を継ぎました。
幼い頃より、職人かたぎだった父の背中を追いかけながら
将来は自分も家業を継ぐのだ…、と心に決め16歳より
石材店の職人としての修行に入っていましたが、思っていた
よりもずっと早い世代の交代に戸惑う気持ちがなかったと
言えば嘘になります。ですが未熟だった私を支えて下さった
皆様のおかげで今日まで17年間、3代目としてやって
来られました。お客様との出会いに心から感謝しております。

父の仕事場へ付いていった幼少期

物心つく前から家業柄、父に付いていっては霊園に出入りしていました。
中学生になり休みになるとアルバイト代につられ現場の手伝いへ行きました。
お墓の据え付けの事は何も解りませんでしたが、物を運んだり
コンクリートを練ったり、作業をこなすのに必死でした。
高校へ上がると、将来、家業を継ぐのだという気持ちが強くなり、いつか
継ぐのなら早い方がいいと決断した私は、高校卒業を待たずに職人としての
修行へ入り、家業へ従事しました。 父は喜んでくれましたが半面複雑であったようでした。

仕事を始めてからは毎日のように現場で作業をしたりセットウとノミで
加工をする練習をしたり事務所で図面を引いたりしていましたが
本当に仕事に実が入っていたかと言われると父頼りな部分が大きかったです。
そんな日々の中、父の体調が悪くなり1年くらい闘病が続きましたがあっけ
なく他界しました。数年は亡くなったことが受け入れられずに、突然帰って
くるのではないかと思っていました。
家業を続けていく事にも迷いが生じ、悩み苦しんで葛藤しましたが
複雑に思いながらも喜んでくれた父を想うと辞める事は出来ませんでした。

旅先で撮った父との記念写真

家業を継いだばかりの頃は、祖父が起業し父が残したこの店を、自分に
守っていけるのか不安に思わない日はありませんでした。
跡継ぎが若い、という事に対して大丈夫なのかと戸惑いの声が上がって
いると人づてに聞いてしまった事もありました。
ですが、仕事へ打ち込む父の大きな背中に憧れたことや、10年の修行の
中で芽生えていたお墓作りという仕事へのやりがい、幼少の頃に来店された
お客様に可愛がって頂いた思い出、沢山の思い入れの詰まったこの店を
父の代で終らせたくはありませんでした。

絶対に店を続けたい、続けてみせる、そう決意してからは
気持ちを奮い立たせ、がむしゃらになって石材店の仕事や
職人としての修行に取り組みました。
お墓に関する知識・仕事に関する分からない部分は独学で
詰め込み、時には他店を訪ねて指導をして頂く事もあり
ました。職人としての修行も今までよりもいっそう真剣に
なって技術習得へ励みました。一日でも早くお客様から
信頼を頂ける3代目になりたい、と必死でした。

お客様へお墓をきれいに拭き上げて工事完了のお伝えをしたら掃除が行き届いていないと叱られた
ことがありました。若いのに頑張ってるなあとあたたかいお声をかけて頂いたこともあります。
お叱りからお客様の求めている事や『お墓を建てる』という仕事の責任の大きさを学び、
あたたかいお言葉には時に折れそうになる気持ちを支えて頂きました。
お叱りもあたたかいお声も、私が3代目として成長をする為には欠かす事の出来ないものでした。

家業を継ぎ17年、未熟だった私も、お墓の事なら何でも聞いて下さい、と胸を張って言えるまでに
なれました。多くのお客様と出会う中で大切な事は人を想う心、まごころであると思い至りました。
精一杯お客様へ応え、心をこめたお墓づくりに取り組んでいきます。そして月日が経ち、自身も経験を
深めてきた今だからこそ、父も同じ気持ちだったのではないだろうか、そう思えるようになりました。

お客様に満足して頂ける対応が出来る様、3代目として日々精一杯努めさせて頂いております。お墓に
関することなら何でも私へ聞いて下さい。お困りごとの際にはお客様の元へ私、佐々田が駆けつけます!

ある時、電話連絡で花筒を交換したいと希望された
お客様がいらっしゃいました。しかし花立のサイズが
分からないとお困りでしたので、遠距離のお客さま
でしたがすぐに現場へ駆けつけ花立の採寸を行い
使用できる花筒のサイズを伝えて当日中に花筒の
交換を行ないました。

また、別のお客様からは墓石の接着面が剥離していると
ご連絡を頂きました。当日中に現場までお伺いし
剥離の状態を確認して再接着する作業へあたりました。
当店では接着面の剥離などが生じて電話連絡が
あった場合は2日以内には現場へ駆けつけ
対応を行うよう努めています。

お墓を建てる理由、お墓を修繕する理由はお客様おひとりおひとり違っています。
お墓に入られる故人様も、波乱万丈の人生を歩んだ方もいれば順風満帆の人生だったと
いう方もいるでしょう。私は様々な人生を歩まれた方の最後を締めくくる安住の地へ
埋葬するという重責を担える事は光栄であると思っています。

故人を埋葬することはご家族にとっても大役であります。埋葬後に
「やっと肩の荷がおりました」「ずっと気になっていたのでよかった」などとお言葉を頂き、
お客様の顔の表情も緩んでいた時には石屋として冥利に尽きると感じます。
お客様の気持ちにいつでも寄り添ってお付き合いの出来る石屋でありたいです。
お困り事がございましたら、いつでも私、佐々田、そして佐々田石材店へお声をかけて
頂きたいと思います。

当店には墓石の展示場もございますので、実際の墓石を見ながら
お話が出来ます。見学だけでも可能です。
ご依頼主様が現地まで足を運べない場合は、現地から写真を
送るなど柔軟に対応致します。
現地へ行く前にどんな墓石があるのか知りたい、など
気になることがあれば、何でもお気軽にお尋ね下さい。

  • 佐々田石材店の施工事例
  • お客様からの声
  • 追加彫刻
  • 付属品交換
  • 墓石のカケ
  • 水垢除去(洗浄)
  • 目地割れ
  • 石碑のずれ
  • お墓の傾き
  • お墓のリフォーム
  • お墓のお引越し 大阪 石材 お墓
  • 更地戻し
メールによるお問い合わせはこちら 大阪 石材 お墓
ページTOPへ
大阪のお墓を心を込めて綺麗にする佐々田石材店

〒580-0046 大阪府松原市三宅中5-13-7

定休日 木曜日、金曜日 営業時間 9:00〜18:00
対応エリア 近畿2府5県対応 FAX 072-335-0677

Copyright © 2015 株式会社 佐々田石材店. All Rights Reserved.